Diana F+ フィルムバンドル

Diana F+ フィルムバンドル

Diana F+とLomoChromeフィルム3本バンドルセット
  • Lカラーフィルターを使ってフラッシュの光に色をつけれます
  • ユニークな写りを楽しめるピンホール撮影機能搭載
  • 長時間・多重露光撮影機能搭載
  • お好きなLomoChromeフィルムを3本選べます
SKU: hp700filmbundle

在庫あり

選択した商品によって価格が変わる場合があります。

Highlights

Dianaカメラ の写りを中判フィルムで楽しめます。

Dianaカメラ の写りを中判フィルムで楽しめます。

ノーマルとバルブ の2種類のシャッタースピードが選べます。

ノーマルとバルブ の2種類のシャッタースピードが選べます。

ふんわりとした雰囲気 の写真が撮れます。

ふんわりとした雰囲気 の写真が撮れます。

フラッシュ付き でどんなシーンでもDianaの写りを楽しめます。

フラッシュ付き でどんなシーンでもDianaの写りを楽しめます。

通常フォーマットなら12枚、スクエアなら16枚撮影できます。

通常フォーマットなら12枚、スクエアなら16枚撮影できます。

付属のカラーフィルター で簡単に様々な色のエフェクトを楽しめます。

付属のカラーフィルター で簡単に様々な色のエフェクトを楽しめます。

多数の Diana F+のアクセサリー を使って実験的な撮影も楽しめます。

多数の Diana F+のアクセサリー を使って実験的な撮影も楽しめます。

ピンホール撮影 レンズを外して通常の撮影時よりもドリーミーでソフトフォーカスな仕上がりを楽しめます。

ピンホール撮影 レンズを外して通常の撮影時よりもドリーミーでソフトフォーカスな仕上がりを楽しめます。

バルブ撮影や多重露光などの*クリエイティブな撮影* も楽しめます。

バルブ撮影や多重露光などの*クリエイティブな撮影* も楽しめます。

搭載のシャッターロックと三脚 を使ってブレのない長時間露光写真が夜でも撮れます。

搭載のシャッターロックと三脚 を使ってブレのない長時間露光写真が夜でも撮れます。

Diana F+の魅力はその独特な写り。長時間露光や多重露光もできるので面白い写真が撮れる。
— Fstoppers
Diana F+はフィルム初心者やカジュアルい撮りたい人におすすめのカメラ。操作も簡単で値段も手頃なのが良い。
— TechRadar

Story

Diana F+とお好きなLomoChromeフィルムを3本セットにできるバンドルです。
Diana F+で使ってみたいお好きなLomoChromeを3本お選びください!

ロモグラフィーの代表カメラの一つであるDiana F+ Cameraは中判フィルムを使用するクリエイティブでかわいいカメラです。通常フォーマットなら12枚、スクエアなら16枚撮影できます。レンズを外せば広角ピンホールレンズとしてより実験的な撮影も楽しめます。付属のフラッシュとカラーフィルターを使えば様々な色のエフェクトも楽しめます。

古くから愛されてきたカメラ

1960年代初頭、世のファッションはミニスカートが流行し、ビートルズが世界的スターであった頃、香港にある小さな会社でのちに写真の世界を大きく変えることになるカメラが誕生しました。

Dianaカメラはいわゆるlo-fiの定義のようなもので、レンズはプラスチック製で撮れる写真は四隅がブレてビネットが顕著でした。カメラ本体ももろく、光漏れなどもよく起こっていました。撮れる写真は予測できず、逆にそれがDianaカメラで撮れる写真の味でもありました。また、Dianaカメラを使っていた有名写真家も多く、その人気度はすさまじいものでした。

ただ何事も永遠には続かないものです。1970年代後期にはDianaの生産は終了してしまいました。生産終了はしたものの、その人気は密かに続いていました。2000年代初めにロモグラフィーが奇跡的にオリジナルのDiannaカメラを入手し、オリジナルのDiannaカメラをモチーフにしたDiana F+が2007年に発売されました。

鮮やかな色、高いコントラストと特徴的なビネット、そんなドリーミーな Dianaの写りはロモグラフィーの手によって守られてきました。そして今そのDianaの写りは35mm、120、110、そしてInstaxフィルムと幅広いフォーマットで楽しむことが出来ます。